中級~上級レベルの自己紹介

前項では、初心者が英語学習をする時の「会話のスタートライン」に立てる程度の情報について紹介してきました。次に、中級者や上級者の自己紹介についてです。内容については、当然ながら初心者と比べれば細かくなってきますし、その範囲も広くなってきます。

その一つとして、思い出話をするというものです。とは言え、そんなに深い話をしろという訳ではありません。「アメリカに○年前に行ったことがある。その時は~」と言った程度のものです。

もう一つは、自分をしっかりと説明する、ということです。思い出話とも似ていますが、例えば「私は看護師をしています」と言って、「どこの病院で働いています」であれば初心者でも簡単な英文で自己紹介できるでしょう。しかし、中級者や上級者は、そこにもう一文を加えてみてください。「最近は~があって大変だ」とか「次の休みは~なので、~する予定だ」と加えれば、さらに話も広がることでしょう。当然ながら、会話ですので喋っているうちに、間に質問を挟み込まれることも多いです。その先もしっかりと説明できるように、ある程度の準備をしておきましょう。

一番いけないのが「こう話したいけど単語を知らないから、この自己紹介は止めておく」という逃げの姿勢です。単語を知らなくても、とりあえずは自己紹介を作ってみてください。その作る過程で、単語を覚えればいいのです。この自己紹介作りは、実際に話す時に役立つというのはもちろんですが、「自己紹介を作ってる時点で、英語学習になっている」という利点もあるのです。中級、上級になれば使いたい単語も増えてくると思いますし、文章も長くなってくるでしょう。単語を勉強するという気持ちで、一通り作ってみましょう。