Uncategorized

子供の英会話

子どもに英語を教える必要はないそうです。
ただ、子どもが英語を吸収してくれるような環境を作ることは必要なようです。
子どもの輝く未来のためには、知識ではなく人間の可能性を探求するものでなくてはならないそうです。
そのひとつに英会話というのがあるようです。
グローバル社会となった今、外国人とのコミュニケーションも当たり前になってきていると思います。
大人は、赤ちゃんを寝て泣いて寝て泣いての、まだ何もできない子どもと思っている場合も多いようです。
でも赤ちゃんの脳というのは、動いているそうです。
そしてシナプスの数も1歳半ごろにはピークに達しているそうです。
だから、子どもに教える必要はないそうです。放っておいても周囲の環境をすべて取り込んでいるそうです。
周囲のことを吸収しているのですから、この特別な日々を両親の喧嘩ばかり聞かせてもしかないと思います。
喧嘩をするなら英語で、ぐらいの気持ちが必要のようです。
子どもはいろんなことを一瞬で頭の中に取り込むことができるそうです。
知っている人も知らない人も、写真で写したかのようにあらゆる物を記憶しているというふうに言われています。
産まれてきたときは何も無かったのに、わずか2歳になるかならないうちにさまざまな精神、人格などを作り上げていくそうです。
その際に、周りの景色や環境をどんどん吸収していいっているそうです。
これら刷り込まれたことを頼りに人格の形成などをしていくようです。
そのため、この時期というのはいろんなことに触れられる環境や機会をどんどん与えるべきだそうです。
ママと一対一で過ごすよりも、どんどん外の世界に出かけるのがよいそうです。
毎日の生活を楽しむことが、子どもの教育にとってとても良いということだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です