Uncategorized

6歳のころまでの英会話

子どもの感受性が強くなるのは一過性だそうです。
生きている上で必要なものを獲得していくと、感受性も減少していくそうです。
言語というのは6歳までが最も敏感だそうです。
二歳ぐらいになると秩序というものを知るそうです。
そうなると新しい世界への出発が始まるそうです。この頃に英語に触れさせると環境として受け入れていくそうです。
子どもたちは一人ひとりまったく違う個性を持っているとおもいます。成長するペースもそれぞれ違うと思います。
あまり年齢にこだわるのも良くないそうです。
年齢で区切ることよりも、それぞれの子どもの感性を育てるためにどのような環境を与えるべきかを考えている機関もあるそうです。
たとえば、3歳までの子どもたちは母親と一緒にミュージカルのように歌って踊ることを主とした英語レッスンをしたりしているそうです。
子どもたちは首が座り、寝返りやおすわり、ハイハイをしたり、つかまり立ちをしたり、そして伝い歩きをしたりするそうです。
そうしているうちに坂を登ったり、物を拾い上げたり、ジャンプをしたりするそうです。
ダンボール遊びが大好きになるのもこの頃だと思います。
赤ちゃんたちはママと先生とお話をしているところを見るのも大好きだそうです。
またママがよそのお母さんたちと楽しくおしゃべりをしているところも興味津々で見ているそうです。
そういうところを見ていくうちに、みんなのコミュニティに参加しようとするそうです。
ママが楽しそうにしていることも大切だそうです。
赤ちゃんは日々成長し、やがてボールを投げたり、穴の中をくぐったりと活発になってくるかと思います。
年齢で切るよりも、赤ちゃんと楽しく過ごすということが赤ちゃん期に一番大切なようです。
ママが英会話を大好きでいることがこの時期には重要なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です