Uncategorized

文化を越えてみる

世界をつなぐ通信手段は限りなく発達したといえると思います。
電報の時代もありました。電話が一家に一台という時代もありました。今ではひとり一台スマホを持っている時代です。
ネットワークテクノジーの進歩は世界中の人とを連結させたといえます。
SNSでの交流は国も世代も越えて頻繁に行われているかと思います。
そんな中で英語を話す人々は世界で20億人以上だそうです。
文化を越えた交流を手軽にするために英語を使いこなしたいと思う人も多いかと思います。
英語ができると新しい世界の人々とも楽しく交流ができるかと思います。
インターネットはパスポートも必要ありませんし、世界と繋がりながら英語でものを考えたりできるようになるかと思います。
逆に自分の足で立っていないと翻弄される可能性もあるかと思います。
国も違えば文化も制度も法律も違うわけですし、倫理観だって違うことも考えられると思います。
自分の考えがないと母国語であっても、振り回されてしまうかと思います。
言葉はとても大切だと思います。
世界の人たちとわかりあえるためにも言葉はとても重要になるかと思います。
翻訳ソフトを使っても簡単なことしかわかり会えないということになるかと思います。
プラス思考でいくのが一番だと思いますが、目の前の変化に対応するという力も必要になってくるかと思います。
同じ物事を見ても人によって違う思考で捉えるかと思います。
それが国も文化も違う人々ならばなおさらです。
物事を捉えるとき、精神状態だって関わってくるかと思います。
そこまでわかり合うとなるとかなり高度な単語が必要な気もしますが、そうでもないそうです。
日本語だって小難しい単語を使っても気持ちが通じなかったりするかと思います。
構えず気持ちを伝えることを大切にしたい方がいいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です