Uncategorized

海外旅行先の交通ルール事情

アメリカでの生活の中で、交通事情が日本と異なる大きな違いは、自動車が道路を走行する時に、「右車線」を走るという事です。日本でみかける外国車両が、左ハンドルな理由が、外国車両の母国では、自動車が「右車線」を走行するルールにある事が多いようです。ですから車を運転する事はもちろんの事、歩行する側としても、交通車両の多いストリート、そうでない道路であっても、道路の横断には要注意が必要です。また、全ての車道ではないのですが、アメリカでは、赤信号であっても車両が、右折の可能な交通ルールとなっています。一部の交差点に、「NO TURN ON RED」と、書かれた標識がありますが、これは「赤信号でも右折はできません」という意味の標識です。ですから、この標識のある交差点では、日本と同じように、赤信で車は右折をする事ができません。特に注意が必要な交差点は、時間帯によっては、「NO TURN ON RED」であるけれど、そうでない時間帯もあるといった交差点もあります。そのように、時間帯によって交通ルールが変動する設定が設けられている交差点もありますので、車の運転や歩行者としての道路の横断などは要注意が必要です。日本のように「左車線」を走行する国は、世界的にみるとマイノリティに属するようなのですが、世界的には、メジャーに属する「右車線」を走行するアメリカの郵便配達員専用の配達車は、公式車両として「右ハンドル」を採用しているようなのです。これは車両が右側車線を走行した際に、右側沿いに各家庭の郵便ポストが設置されている為、その作業工程を考えた上での右側のハンドル装備となっているようです。たしかに、右ハンドルである方が郵便局員の方が、郵便物を配達するのに作業効率がよさそうです。英会話のレッスンなどでは、日本での日常生活において、外国人から道を尋ねられた時の道案内の会話レッスンは、多くみられるようですが、海外で自分自身が道に迷った時の道順を尋ねる英会話練習も、状況を想定した上で、練習しておくと良いと思われます。「道に迷いました、△△までの道を教えて下さい」は、「I think I’m lost. Please tell me the way to △△.」などになります。海外旅行に行く際には、現地の基本的な交通ルールは、知っておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です